気団はつらいよ

気団スレ中心に鬼女や生活関連全ての話題をお届けします。

    その他愚痴

    393: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)10:12:50 ID:6WI
    うちの実家は貧乏だったので大学に行く費用など出してもらえるとは思ってなかった。
    かと言って奨学金を借りて~と言うのはどうにも抵抗があって
    高卒で就職したあと、そこそこ貯金が出来た頃に
    仕事をしながら夜間の法律専門学校に通って司法書士の資格を取得した。
    そしてそこで知り合った今の夫と、互いに資格が取れたところで結婚。
    結婚は30を過ぎていたけど、事務所で働きながら子供も一人産んだ。
    40を過ぎてから、夫と一緒に事務所を設立。
    それまで勤めていた事務所の後押しもあり、最初は下請けみたいなものだったけど
    徐々に顧客も増えてどうにか軌道に乗った。
    自分で言うのもなんだけど、私なりに努力して得た人生だと思っている。
    が、昔から節目節目で母親から言われたのは「おまえは要領がいい」「おまえは運がいい」。
    私には2つ下の妹がいるのだが、勉強好きでもないのにキャンパスライフへのあこがれで
    奨学金を借りて進学したのに、バイトと遊びに精を出した挙句できちゃった結婚で中退。
    収入もないのに奨学金の返済を迫られ、旦那には浮気されて逃げられ出戻り。
    そんな妹のことを母親は「孫を連れて出戻ってくる娘が一番親孝行」などと言い
    その一方で「おまえは稼いでるんだから、妹の為に返済してやれ」と言われ断ると
    「おまえは娘として可愛げがない」と言う。
    そんな実家が昔から居心地いいわけもなく、結婚してからも滅多に帰省はしなかった。
    夫も私の実家には嫌悪感をもっている。
    そして昨年母が、今年に入って父が、立て続けに他界した。
    母は生命保険に入っていなかったし相続するようなものは何もなかった。
    父も遺産らしい遺産は何もなく、死亡保険の受取人は妹になってた。
    まぁ妹の将来を心配したのだろう。
    妹は1500万受け取って浮かれてたけど、かえってスッキリした。
    私のことを母親と一緒にずっと馬鹿にしてきた妹には
    「もう帰ってくることもない。法事の案内とかも要らない」
    と絶縁宣言した。
    人として最低だと言う人もいるかも知れないけど
    親が死んで一滴たりとも涙は出なかった。むしろホッとしたというのが本音。

    【【愚痴】私の努力を認めず、出戻りした妹を可愛がる母が死んだ。一滴たりとも涙が出なかった】の続きを読む

    142: 名無しさん@おーぷん 2018/10/03(水)19:35:24 ID:5om
    自分がさもしい事を言ってるのは自覚してる。
    でもモヤモヤするので吐き出させてほしい。(できれば叩かないで)
    50代の義兄夫婦は子梨でふたりともバリバリ稼いでる人たちだった。
    2人暮らしなのに4LDKの100平米越えの分譲マンションに住んでて
    週2回家政婦さんに掃除とかしてもらってた。
    すごく仲が良くて、ふたりが休みの時には一緒に山登り(ふたりの趣味だって)。
    我が家は40代後半でパートと子育てと家事で毎日目まぐるしく過ぎていって、
    それでも貯金もままならない賃貸暮らし。
    子供を大学に行かせてあげる蓄えもなくて、あまりに差がありすぎて辛い。
    義父母は10年ぐらい前に亡くなってて、裕福じゃなかったし賃貸暮らしで
    大した遺産も残してもらえず、入院保険しか入ってなくて
    息子2人で分けたら100万もなくてガッカリ。
    義兄夫婦がふたりしてこれまで努力した結果の今の生活だってことは分かってるけど
    あまりに差があり過ぎる。

    【【愚痴】自分がさもしいのは自覚している。でも、子梨の義兄が死んで夫に遺産が入ってこない事にガッカリ】の続きを読む

    131: 名無しさん@おーぷん 2018/10/29(月)23:30:48 ID:wfE
    愚痴吐き捨て

    彼氏が以前片思いをしていた女の子と旅行に行った時にその子のために超高級ホテルをとったそう
    私と旅行に行く時はよくてその5分の1の値段のホテル
    彼氏自身にはなんの不満も無いし大切にしてくれていることも感じる、その子より何倍も好きだと言ってくれるのだが
    その子にはしてあげていたのに私にはしてくれない事が色々とありすぎてもやもやしている

    【【愚痴】片思いしていた女の子との旅行は超高級ホテルなのに、私とはその5分の1の値段のホテルに泊まる彼】の続きを読む

    このページのトップヘ